青年海外協力隊 駒ヶ根訓練所の派遣前訓練スケジュール

JICA-JOCV

こんにちは。遠藤暁(@str_se)です。

本記事の内容

青年海外協力隊派遣前訓練、駒ヶ根訓練所の一日のスケジュールについて詳しく解説します。

これから協力隊を目指しているひとや派遣前訓練を受けるひとに向けた記事です。

ぼくは2018年4月上旬〜6月中旬まで駒ヶ根訓練所で派遣前訓練を受け、2020年6月〜2020年6月まで隊員として南米のボリビアで活動していました。

実際にぼくが受けた派遣前訓練の内容を参考に書いていきますが、内容や時間割は変わることがありますのであくまでも参考程度にご覧ください。

とはいえあまり大きな変化はないと思いますし、本記事も定期的に見直してできる限り最新の情報を届けられるようにしていきます。

それでは本題に入っていきましょう。

駒ヶ根訓練所の派遣前訓練スケジュール

スケジュールは以下の通りです。

  • 6:30〜7:10→朝の集い
  • 7:20〜8:00→朝食
  • 8:45〜11:45→語学授業
  • 11:45〜13:00→昼食&自由時間
  • 13:00〜17:00→語学授業+講座
  • 17:00〜18:00→講座or自由時間
  • 18:00〜19:00→夕食
  • 夕食後〜22:00→自由時間
  • 22:00→帰寮門限
  • 22:20→施設が閉まる
  • 23:00→消灯

順に詳しく解説していきます。

6:30〜7:10→朝の集い

朝はそこそこ早起きです。

毎朝6:30分に晴れの日は外、雨の日は体育館に集合してその日の連絡事項が伝えられます。

起きる時間は、6:30に間に合えば何時でもOK。ぼくの同期には5時くらいに起きて語学勉強や筋トレをしている隊員もいました。もちろん、ギリギリまでしっかり寝ている隊員もいましたね。

ちなみに6:30に点呼をして、寝坊で誰か一人でも欠けていたら朝の集いは始まりません。誰かがその人の寝室まで起こしにいきます。

寝坊して遅れていくと全員に見られて「コイツが遅れたのか」とバレるので、寝坊には十分気をつけましょう。

朝の運動

ちなみにぼくが訓練をした時は朝の集いの後にランニングや軽い運動があったんですが、最近はそれはなくなって朝の運動は自主性になったようです。個人的には朝の運動は結構好きだったので、なくなったのは残念です。

これから訓練を受けるひとは、ぜひ朝の運動は自主的に取り入れてみてください。

7:20〜8:00→朝食

朝の集いが終わったら、朝ごはん。毎日違うメニューが出てくるので、食事はいつも楽しみでした。

ぼくは訓練期間中

    朝の集い→ランニング→シャワー→朝食

というルーティンを確立させていました。

朝ご飯のあとは語学授業なんですが、ぼくは朝食の時点で着替えも全部済ませていたので食事後は歯磨きをしてすぐに語学クラスへ向かっていましたね。

ご飯は残さず食べましょう。

8:45〜11:45→語学授業

午前中は基本的に語学授業。1クラス4〜6人の少人数制です

午前の授業は基本的に「50分授業して10分休憩×3セット」ですね。

派遣前訓練では「中間試験」と「最終試験」の2回の試験があります。

最終試験に合格できないと青年海外協力隊として任国へいけないので、語学勉強はしっかりやりましょう。

11:45〜13:00→昼食&自由時間

午前中の授業が終わったら昼食。ほとんどの人が語学クラスのメンバーと食べていましたね。

まぁ語学授業が終わったらそのまま食堂に向かう形になるので、自然と語学クラスのメンバーと一緒に食べることになるかと思います。

昼食の後は13時まで自由時間。

  • ちょっと昼寝
  • 近くのコンビニへ買い物
  • 午前の語学授業の復習

自由に過ごせます。

13:00〜17:00→語学授業+講座

午後は語学授業以外にも様々な講座を受けることになります。

  • 海外における安全対策
  • 歯科衛生
  • 健康管理
  • ボランティアの心構え
  • JICAの取り組み

などなど幅広い内容です。任国で役立つ情報がたくさんあるのでかなりありがたいですね。

17:00〜18:00→講座or自由時間

17:00以降は、講座がある日もあれば何もない日もあります。
何もない日は自由。運動するなり勉強するなり、自由に過ごしましょう。

18:00〜19:00→夕食

夜ご飯です。食事の時は必ず「係」というものを一度はやることになります。

  • 食器洗い
  • 食器片付け
  • おぼん拭き

上記のような役割。個人的には係は結構楽しかったので、苦ではありませんでした。

夕食後〜22:00自由時間

夜は基本的に自由です。語学授業や講義はありません。

  • スポーツをする人
  • 勉強する人
  • 近くのコンビニへ行く人

様々です。

ぼくは体育館で運動する日もあれば、図書館のこもって勉強していた日もありました。
土日は同期と飲みに行ったりもしましたね。

ただ夜の自由時間のうち、最低でも2時間は語学の自習時間を設けるように言われます。

ぼくは毎日ちゃんと2時間自習していたかというと、すいません、していない日もありました。猛烈に反省しておきます。

22:00→帰寮門限

夕食後の自由時間で外出している人も、22時までには帰ってこないといけません。門限をすぎると怒られます。

一昔前までは一度でも門限を過ぎたら「強制退所」になっていたそうです。

強制退所になるということは訓練を最後まで終えていないので、当然ですが青年海外協力隊として派遣されることはありません。

要するに「クビ」です。恐ろしい。

今はそこまで厳しくないですが、門限は必ず守りましょう。

ぼくは門限の1分前に滑り込みで帰ったことはありますが、門限を破ったことはありません。

22:20→館内施設が閉まる

お風呂や談話室など訓練所内の施設が閉まります。なので22:20までに入浴等は済ませておきましょう。

22:20を過ぎたら自分の居室で大人しく勉強するか、さっさと寝るかですね。

23:00→消灯

23:00に廊下の電気が全部消えます。なのでもう自分の居室からは出られません。

朝は早起きなので、夜更かしせずにしっかり寝ましょう。睡眠時間をしっかり確保することも大切です。

その他のスケジュール

本記事には書かなかった派遣前訓練のプログラムとして、「課外活動」や「予防接種」などもあります。

予防接種の際は半袖の服が必要なので、忘れずに持っていってください。

↓派遣前訓練の持ち物は以下の記事を参考に↓

日曜日は休み

毎週日曜日は休み。授業や講座はありません。

語学勉強するもよし、運動するもよし、街を散策するもよし。
自由に過ごしましょう。

日曜日以外は割ときっちりスケジュールが埋まっているので、日曜日は気分転換も兼ねて思い切ってリフレッシュするのもアリですね。

さいごに

約70日間の派遣前訓練。語学授業はもちろん、講座も含めて基本的に一日中ずっと勉強しています。

でもこうして毎日なにかを勉強できるって贅沢ですよね。社会人の中には自分のために勉強する時間が確保できないひともいるわけですから。

訓練ではいろんな出会いがって本当に貴重な時間でしたし、個人的にはめちゃくちゃ楽しかったです。

訓練所で出会った同期は、任国に派遣されてからもたまに連絡を取り合ったりしていました。いまでも大切な仲間ですね。

2年間の活動を充実したものにするために、派遣前訓練でしっかり準備しましょう。

↓派遣前訓練の概要は以下の記事で解説済みです↓